遺産分割・遺言・登記・会社設立・後見・相続のプロフェッショナル 司法書士事務所JLO ジェイエルオー
司法書士事務所JLO代表 川村常雄のブログ
  • HOME »
  • 司法書士事務所JLO代表 川村常雄のブログ »
  • 未分類

未分類

高齢者と相続予定者のさかさまな出来事

高齢者の子は、子もそこそこの年齢になっています。 ですから、さかさまに、子が親よりも先に死亡することがあります。 その際は、遺言書の書き換えが必要です。 幸いにして、当職の経験では、親が元気で認知症ではないので、遺言書の …

任意後見契約は早めにしたほうがよい

任意後見契約とは、ご本人が認知症と診断される前に、後見人を任意に選任しておくことです。 公正証書により任意後見契約が作成されます。 当然本人と後見人候補者が公証人の面前で契約内容を確認して署名捺印します 登記がされますの …

2月21日3月7日にまちゼミを行ないます

まちゼミとは、「今回は、遺言の話を司法書士川村常雄が、遺言ってなんやろう、遺言を書くって難しいのでは?そんな疑問にわかりやすく,お話をして、ゼミの参加者の皆さんと、ワイワイがやがや、お話をしたいと思うます」 そのようなこ …

相続登記の大切さ

相続登記をしないといつまでたっても不動産の名義が亡くなった人の名前ですので いざ、売却をしようとしても相続人に名義変更登記を済ませてからでないとできません。 相続登記は早めにしましょう。司法書士川村常雄

2018年戌年に思う

今年は、うっそうとした木々を剪定して不要なものを取り払い、太陽の光が差し込み、木々の成長を妨げていたものを取り払って成長をしていくための年であります。 光りが差し込むためには、どの木々を剪定して取り除けばよいのかを見極め …

家族信託と遺言

家族信託とは、委託者受託者受益者の三者がそれぞれの役割を果たすのために信託契約書を作成して、例えば将来、委託者である自分が死んでも子に受益できるように信託契約を作成する。そのために受託者を誰にするのかが問題です。 信託銀 …

任意後見契約

任意後見契約は、元気なうちにもしも認知症になったり身体に障害を受けて思うような行動や考えができなかった場合に任意後見人をあらかじめ契約で決めておいて、ちょっと認知症が進んできたなとか少し判断応力が衰えてきたと思った時に家 …

北海道の土地を中国人、中国企業が購入している

北海道の苫小牧駒沢大学が中国系大学に譲渡された、ヤンキースの田中投手の出身校が中国に、水源地や自衛隊の駐屯地付近が中国に、太平洋岸の港近くの土地が中国にすべて、取得されている。日本は、アメリカや中国や韓国や諸外国と比べて …

相続と空き家の関係

両親が居住していた土地と家屋を相続した時に住まない場合は、小規模宅地の特例がないので原則80%の減額の評価がない。 空き家の相続の場合も原則特例がない。 固定資産税が空き家の場合は、特例空き家と指定されると土地の固定資産 …

遺言と相続の関連大東市司法書士川村常雄

遺言は相続の時に円滑に手続きを行うために重要なことの一つです。 遺言がなかったら、相続人全員の印鑑証明書を添付した遺産分割協議書の作成が必要になります。 相続人が全員集まる機会が少なくなっている時代に遺言書があればその内 …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 司法書士事務所 JLO  All Rights Reserved.