遺産分割・遺言・登記・会社設立・後見・相続のプロフェッショナル 司法書士事務所JLO ジェイエルオー

司法書士事務所JLOのお約束 - Promise

法律にまつわる手続きは、個人で行うにはむずかしく、 わずかなミスが、あとで重大な問題につながることさえあります。

私たちは長年の経験と広範囲な知識を持ち、法人登記、不動産登記、そして相続に関することなど、 正確、迅速、親切な対応で、みなさまに安心してご依頼いただけることをお約束いたします。

 

ピックアップ

  • 相続・遺産分割協議

    相続の時、大切な財産を可能な限り守ることが大切です。そのために、どんなことに気をつければ良いのか、どんな手続きが必要か、などについて解説しています。

  • 遺言・任意後見・贈与

    財産の多少にかかわらず、相続発生時には切実な問題が増えています。大きな問題になる前に事前に回避する方法を、ぜひ知っておいてください。

  • 会社・公益法人等の登記

    法人設立や登記は、手続きの電子化等で費用がかなりお安くなりました。法人設立と同時に電子証明書の取得もできますので、お気軽にご相談下さい。

  • 不動産登記

    新しい不動産登記の手続や費用など(生前贈与、住宅ローン完済に伴う担保権抹消登記等)について、随時情報を発信しています。

  • 著書・記事掲載、TV取材

    司法書士事務所JLOでは長年の経験を活かし、取材や執筆依頼にも積極的に取り組み、最新の情報を皆様にお届けしています。

  • 事業所概要

    法律上の手続きでお困りの事やお悩みの事は、街の法律家である私たちに、お気軽にご相談ください。

Pick Up - 増える相続相談


TV大阪さまの取材を受けました。税制は、現在は改正されています。
 

司法書士事務所JLO代表 川村常雄のブログ

社長の個人保証と融資

銀行から、融資を受けると、その時に社長が個人保証をするのは通例です。 2014年2月の「経営者保証に関するガイドライン」では、個人保証を不要とする基準があります。 このガイドラインにそって、個人の保証を求めない金融機関が …

民法改正について

今回の民法改正案は、配偶者の相続分を従来よりも増やす改正です。 配偶者と子が二人の場合に、被相続人夫が死亡した時は、現行の民法第900条では、 妻が2分の1、子がそれぞれ4分の1になります。 今回の改正では配偶者である妻 …

会社への貸付金の放棄をすると

社長から会社へ少し足らないからと、貸付してしまうとづるづると金額が増えていきます。 会社は、社長からの借入金ですが、身内なので利息も支払わずにそのままになっています。 社長の相続が発生したらその貸付金は、相続財産になりま …

生前贈与の注意点

贈与には暦年贈与すなわち110万円までは、毎年贈与しても非課税ですという贈与の方法と 相続時精算課税の選択をして20歳以上の子や孫に60歳以上の父母、祖父母が贈与するについて 2500万円までは非課税という制度があります …

相続税対策と会社設立

個人の所得税率が55%と高くなてきましたので、節税対策に会社設立をすれば、法人税は約30% 程度なので会社の設立を勧められる場合がございます。 会社の設立のいろいろありまして、株式会社か合同会社かそれとも一般社団法人かと …

 
 
 
会社設立について知りたい方へ 会社設立
 
 
 
PAGETOP
Copyright © 司法書士事務所 JLO  All Rights Reserved.