遺産分割・遺言・登記・会社設立・後見・相続のプロフェッショナル 司法書士事務所JLO ジェイエルオー

司法書士事務所JLOのお約束 - Promise

法律にまつわる手続きは、個人で行うにはむずかしく、 わずかなミスが、あとで重大な問題につながることさえあります。

私たちは長年の経験と広範囲な知識を持ち、法人登記、不動産登記、そして相続に関することなど、 正確、迅速、親切な対応で、みなさまに安心してご依頼いただけることをお約束いたします。

 

ピックアップ

  • 相続・遺産分割協議

    相続の時、大切な財産を可能な限り守ることが大切です。そのために、どんなことに気をつければ良いのか、どんな手続きが必要か、などについて解説しています。

  • 遺言・任意後見・贈与

    財産の多少にかかわらず、相続発生時には切実な問題が増えています。大きな問題になる前に事前に回避する方法を、ぜひ知っておいてください。

  • 会社・公益法人等の登記

    法人設立や登記は、手続きの電子化等で費用がかなりお安くなりました。法人設立と同時に電子証明書の取得もできますので、お気軽にご相談下さい。

  • 不動産登記

    新しい不動産登記の手続や費用など(生前贈与、住宅ローン完済に伴う担保権抹消登記等)について、随時情報を発信しています。

  • 著書・記事掲載、TV取材

    司法書士事務所JLOでは長年の経験を活かし、取材や執筆依頼にも積極的に取り組み、最新の情報を皆様にお届けしています。

  • 事業所概要

    法律上の手続きでお困りの事やお悩みの事は、街の法律家である私たちに、お気軽にご相談ください。

Pick Up - 増える相続相談


TV大阪さまの取材を受けました。税制は、現在は改正されています。
 

司法書士事務所JLO代表 川村常雄のブログ

相続登記と共有持分放棄

法定相続分でABCDそれぞれが相続登記にをした場合に、Aが持分放棄すれば、他の共有者に帰属します。 他の共有者のうち特定のBに持分移転をさせることができるのか、これはできません。Aの持ち分が4分の1だとしたら。 それぞれ …

株主が認知症になったら

株式会社の100%保有の株主が認知症になったら株主総会が開催されず、役員変更のされません 大変なことになります。 その前に、承継者への株式の譲渡や任意後見人の選任や信託の活用が必要になります。 株価が高いからできないので …

高齢者が高齢者を介護をする場合の問題点

夫婦が高齢の場合に、子供は遠くに住んでいる。まだまだ元気だからと同居を拒んでいる夫婦高齢者の方が どりらか一方が急になくなってしまった場合にどうするのか 特に私の経験では、妻が先に亡くなった場合には、夫がしっかりして預貯 …

相続放棄の問題点

相続放棄をします。 はじめから相続人にならなかったとみなす規定が民法にあります 生命保険の受取人になって生命保険金は相続放棄をしてももらえます。 お兄さんがいました。弟がいました。父が亡くなりました。 母は、相続放棄しま …

社長の認知症対策

会社の社長さんが認知症になったら事業承継はどうなるでしょうか 知らず知らずのうちに社長の交代がずるずると伸びていた時に社長が認知症と診断された 意思能力の問題があるのにどうすれば その対策は 今後の事業継承は 後継者が育 …

 
 
 
会社設立について知りたい方へ 会社設立
 
 
 
PAGETOP
Copyright © 司法書士事務所 JLO  All Rights Reserved.