遺産分割・遺言・登記・会社設立・後見・相続のプロフェッショナル 司法書士事務所JLO ジェイエルオー
司法書士事務所JLO代表 川村常雄のブログ
  • HOME »
  • 司法書士事務所JLO代表 川村常雄のブログ »
  • 未分類

未分類

司法書士川村常雄大東市なぜ、司法書士は必要なのか

よく、町の法律家とか言われました。 今は、なんでも相談にのってくれる司法書士川村常雄 相続や遺言を専門として、地元の不動産の売買による所有権移転登記の代理人としての司法書士。 不動産売買の時に登記をする人。この時代が開業 …

大阪府大東市司法書士相続遺言の重要性を語る司法書士川村常雄

相続は、いつやってくるのかわからない。 準備といってもなかなか相続がおこってみないとわからない。 遺言は、自分の意思で何をしたいか元気なうちに決めることができます。 決定権は、自分にある。 財産は何か、不動産、預貯金、株 …

贈与証書の作成は必要か?

贈与の場合は、諾成契約です。諾成契約とは、受贈者、贈与者が互いにもらいます、あげます。 双方が合意して贈与が成立します。一方的にあげます、だけでは、相手の合意がないので、贈与契約は成り立ちません。 贈与税は、暦年贈与の場 …

相続法の改正令和元年7月1日から施行法務省ホームページから抜粋司法書士川村常雄

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)  平成30年7月13日 法務省民事局 (目次)・民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について・民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律の概要・民 …

自筆証書遺言のすすめ・別件目録は自筆でなくても良い

自筆証書遺言は、来年7月から法務局へ預けることができます。 自筆の部分は、「私は、長女の○○○○に別紙財産目録1の不動産を相続させる」という内容は、自分で書く必要があります。 別紙目録1の不動産の内容は、自筆ではなく、ワ …

認知症と成年後見人と遺言大東市司法書士川村常雄

認知症といっても、どこまでが、認知症なのかと思うぐらいに会話ができるのに たし算、引き算が、まったくできなかったり、今日は何曜日とか、家族はと質問すると まったくでたらめであったりします。 一か月前は、しっかり話をしてい …

令和元年司法書士事務所JLO大阪府大東市相続遺言

相続は、事前に何をすればよいのかの基礎知識を相続人予定者が知っておくと戸惑いが少ない 1、葬儀の執行は誰がするのか  喪主は誰なのか 2、死亡届は誰が出すのか、通常は葬儀会社が変わり代行してくれます 3、死亡後の戸籍謄本 …

大阪府大東市司法書士遺言相続司法書士川村常雄0728743308

遺言を書いてたおかげで、助かった。 遺言執行者の指定を当職が受けていたので、高齢者の受遺者の方に代わって。相続財産の承継を済ませることができました。 遺言を書いておくと相続がスムーズに行えます。 遺言は、公正証書油井銀で …

なぜ会社を設立するのか

株式会社、合同会社、合資会社、会社の設立は、どの会社がよいのか? 会社のメリットを考えると、対外的かそうではないのか 個人よりも法人税のほうが税率が低いからとか 今後の事業の夢、ビジョンを考えて会社を設立する。 個人で当 …

突然何が起こりかわからないから、準備が必要

人生何が起こるかわからない、だから、大丈夫ではなく、いつも、慎重に、生きましょう。  

1 2 3 12 »
PAGETOP
Copyright © 司法書士事務所 JLO  All Rights Reserved.