遺産分割・遺言・登記・会社設立・後見・相続のプロフェッショナル 司法書士事務所JLO ジェイエルオー
司法書士事務所JLO代表 川村常雄のブログ
  • HOME »
  • 司法書士事務所JLO代表 川村常雄のブログ »
  • 未分類

未分類

タワーマンションの購入と節税

タワマン節税と呼ばれる。なにそれ?実は、20階以上の高層マンションにかかる固定資産税は、1階も50階も同じです。 売買価格は上に行くほど高くなるのがマンションの特徴です。しかし固定資産税は同じ、これと同じく、相続時の相続 …

休眠会社のみなし解散と継続登記

休眠会社とは、株式会社であって、当該株式会社に関する登記が最後にあった日から12年を経過した会社をいいます。 会社法472条に規定されています。 官報にみなし解散の会社は公告されます。その後2カ月以内に事業を廃止しない旨 …

役員変更登記は早めにしましょう

株式会社の役員の任期は10年まで伸長することができます。 しかしながら、10年といえばかなりの長い期間なので忘れてしまいます。 当事務所は、役員の任期の管理をしておりまして、毎月の月初の会議で管理状況の報告をします。 ○ …

httpsについて

ホームページのアドレスをhttpからhttpsに変更していただきました エックスアイティーの本間様にお世話になりました。 ホームページの作成もみんな本間様に任せましたが、ブログとか何かと複雑な作業をやっていただきました …

相続税の納税者は誰なのか

相続税の増税者は、相続財産を相続した個々の相続人に支払い義務があるように一般に思われてます。 しかし、相続税の支払い義務は相続人全員の連帯債務として、支払い義務が生じますので、自分は相続していないから 支払い義務はない。 …

相続登記の遺産分割協議書の注意点・最終相続人が1人のみの場合

相続開始時には、夫(被相続人)が死亡し、被相続人の妻及びその子の2人が相続人だったが、相続登記をおこなわないでいるうちに妻が死亡した場合、妻の生前に遺産分割協議をおこなっていたというような事情が存在しないときには、被相続 …

財産分与と税金

財産分与とは、離婚に伴い、夫婦が共に築き上げた財産を分け合う。夫から別れた妻へ財産分与にて、 居住していた不動産を財産分与にて譲渡する場合の税務上の注意点は、 ①夫から妻への譲渡になると、居住用の財産の譲渡に伴う不動産譲 …

遺言は、思った時に書くのがよい

はっと、気が付いて、遺言書を書いておかないと、私の財産は誰に相続されるのか 考えていくと、あれ、いつも世話をしてくれている妻の兄弟には、相続権がない。 困った、自分の兄弟姉妹は、まったく身の回りの世話をしてくれていない。 …

民事信託と相続

民事信託とは、今までの信託法では、信託銀行など特別な信託業務を行なえる機関が信託を取り扱えることにきていされていました。ところが、信託法が改正されて、一般の方々でも信託の委託者になることができるようになったのが2007年 …

高齢者の遺言

今日は、88歳の方の遺言の立会でした。 高齢者の遺言で注意すべきポイント 1、認知症ではない、 2、言葉がはっきりしゃべれる、自分の意見を明確に述べることができる 3、家族、親族に遠慮したり、強制されていない。 介護施設 …

« 1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 司法書士事務所 JLO  All Rights Reserved.